激辛の苗を種から育てる日記2015年度版

           

     
 mixiチェック

一番手頃な辛さでお奨めの苗ですけど、タバスコ苗を販売するお店が少なくて入手し難いので、タバスコとハバネロを選んで、育成日記を作ります。自家採取の種で育てる日記です。


閲覧者へプレゼントのお知らせ

ご希望の方に種を無料でお分けします。 どうぞお気軽にご連絡下さい。
激辛のソース(各種)を販売しています。有料ですが、料理の味を引き立て、食欲が増進します。どうぞご利用下さい。
お申込み     激辛ソース販売


7月19日 鉢アルミシートを敷く



1号鉢;気温が高くて地温が上がり過ぎない様に、アルミシートを敷くことにしました。効果の程はこれからですが、葉が落ちるのは少なくなると思います。
花もボチボチ出来てきてます。もう梅雨明けでしょうから、このアルミシートが効果を上げてくれることを、期待してます。


2号鉢;これもアルミシートを敷きました。落ちた葉の後から、小さな葉がでてくるので、温度が高すぎなかければ、回復しそうです。大分遠回りしたけど、主原因は気温が高くて、地温が許容範囲よりも上がってしまったことのようです。この鉢は、今年変えた、近所の花やさんの培養土で、茶色の粒状で、水はけがとてもいいので、すぐ乾くから地温が上がったものと思います。直ぐ乾くので根腐れしなくていいと思ってたら、逆効果もあるんだ。ちょっと気が付くのが遅かった。


1番問題の鉢にもアルミシートを敷きました。 育ちは悪かったけど、台風の余波で気温が下がり、生気を取り戻したようで、葉が元気になりました。この鉢は粒状の培養土なので、地温が他より上がって問題が生じた様です。いつも元気なパセリも一時しんなりしたときがあって、おかしいなと思った時があったけど、きっと地温が高かったのだろうと思い当たります。
最初は何か病気風だったけど、それは治った様なので、まず暑さ対策をしっかりやっていこうと思います。


レモンは順調で新しい葉の芽が出てきてます。葉が茂っていて、培養土も粒状でないので、地温の問題はクリアしているのでしょう。 こう安定して育つのがあると気分が落ち着きます。去年は不作だっただけにうれしいです。


ハベネロの実が赤くなったので収穫しました。 トマトとハラペーニョも一緒です。



7月24日 実をつけ始める



1号鉢;実をつけ始めてました。 中央に緑の実が見える。他にも4~5個実がありますが判別しにくいです。アルミシートの為に温度が高くなり過ぎないので、葉が落ちなくなりました。



2号鉢も葉が落ちなくなって、実をつけ始めています。 葉が増えて丸坊主でなくなりました。暑い日が続くので、上げる水の量は今までの2倍程度タップリ上げています。


唐辛子の実が赤くなり始めました。 手前にはタバスコを植えていて、花がチラホラ咲いています。




7月28日 実をかなりつけ始める。



1号鉢の上から見るとタバスコの実がかなり実ってます。まだ小さいし葉と同じ緑色なので判り難いですが、細長い弾丸型の実が見えます。


1号鉢の全体像;下は風通しを良くしたいので、最初は葉を取ったのですが、その後暑さでどんどん葉が落ちて、下の方はスカスカです。 それでも最初からある葉が残っているので、大きな葉もあります。


実が判り易い部分のクローズアップ、タバスコの実は上を向いて実るのが特徴で、少し薄緑色の大小の弾丸型の実が見えます。これがあと2週間もすれば、赤見がかってくるはずです。


2号鉢も上の方に大分実がなり始めました。こちらの方は、遅いので、まだ実が少しこぶりですが、数はかなりあります。 下に敷いたアルミシートは水をやる時に手間がかかるので、ワラに換えました。地温は藁でも、変わらず35度位に抑えています。
例年と比べると大きな葉が落ちて代わりの新しい葉が多いので、葉が小さくてチジレていて、茂っているという風ではなく、暑さにかなりやられているという感じがします。でも暑さ対策を初めて、大分回復したので、この調子で行って欲しいです。


ハバネロはもう2度収穫しましたが、残りの実もどんどん赤くなってます。 葉もまだ少し落ちます。 葉が落ちてすっかり貧疎な姿になってしまったので、ワラを厚くして熱を防ぎ、実を付けるリン・カリの多い肥料をやって、次の花をどんどん咲かせようと、してますが、どうも苗に勢いがないのが気になります。 タバスコの方に気が行って、ハバネロは強いから大丈夫と思っていたのですが、太陽光を弱める紗の布のようなものが必要かもしれません。


今日は午後から雨というので、朝収穫しました。 トマト、ハバネロ、ハラペーニョです。
タバスコはまだ先になります。 結局午後になっても暑くて天気で、雨は降りそうもありません。



8月5日 酷暑が続いてグロッキー気味



農協で60%太陽光を遮断するネットを試しにつけてみました。 影になる時間帯が11~1時と短いので、期待したほど、光を遮断できません。 下のハバネロがこれで元気が戻った様子も残念ながら見当たりません。 様子を見て他にもつけようと予定してましたが、さほど効果がないようです。


上に遮光ネットを張ったハバネロですが、相変わらず葉は落ちて、花もあまり咲きません。
隣のハラペーニョも葉が落ちて実だけ目立つようになりました。
こうなると、他に手の打ちようがありません。 猛暑も6日続きたので、そろそろ酷暑から逃れることを望むばかりです。


2号鉢のタバスコもかなり実をつけています。他と比べて葉が落ちないので安心です。


1号鉢のタバスコの実が大きくなって、容易に見分けられるようになりました。
やはり2号鉢よりも1歩先を行ってる感じです。
大きな葉が落ちた代わりに新しい小さめの葉がかなりでて、茂ってます。


ジョロキアは大きく育って花をつけているので、実がそろそろなってくるはずですが、実が見当たりません。 注意して観ると、花がどんどん落ちるので実にならないようで、困ってます。暑さのせいと思うのですが、熱帯の植物でも日本の夏は厳しいのでしょうか?
手前のペパーミントのハーブは元気がよく、茂っています。


今年はオレンジのハバネロも辛さが違うのか知りたいので、試して育てています。実は少し大きめです。





8月19日 たくさん実がついた。



1号鉢のタバスコの実が大きくなって、数も増えました。 まだ実が緑ですが、もう収穫できるサイズですが、赤い方がいいので赤くなるまで待ちます。
他の激辛は、猛暑のせいか元気ないのですが、タバスコは花も咲き続けて、実は落ちず元気でたくましいです。

実がなっている様子、花もチラホラ咲いてまだ数は増えそうです。


2号鉢のタバスコも同様にかなり実をつけて、実もおおきくなって、緑色でよければ収穫でる位に育ちました。 葉も落ちなくなって、かなり茂るようになりました。
猛暑も峠を越したようで、これからは、順調に育っていくと思います。


辛子と一緒に植えたタバスコは花が咲き始めた段階で、これからも育って、実をつけそうです。
辛子は7割位赤くなったので、そろそろ収穫の時期です。 肥料は十分あげたので、ずいぶん大きめの立派な辛子が育ちました。



今日の収穫、太ったキュウリ、ハレペーニョ、赤と橙のハバネロ。
ジョロキアは、大きく育ったのに、実がなりません。


ジョロキア花は咲くけど、実にならずまだ1つも実がなってません。 初めての経験で、猛暑が一段落するのを待つばかりですが、それが原因なのかも判らず困ってます。(8月7日の撮影)



8月28日 実が赤くなり始めました。



1号鉢、早くできた実から、実が赤くなり始めました。このところ天気が悪くて、日照時間がほとんどないので、赤くなるペースは速くないかもしれません。


2号鉢、こちらも少し遅れて実が赤くなり始めました。酷暑は去った様ですが、今度は曇りか雨ばかりで、太陽にお目にかかれません。雨が降るのでこのところ水を上げてません。
ハバネロやジョロキアと比べると順調で、うれしいです。
もう少し温度が上がり、太陽もでれば一気に赤くなって行くでしょう。


パセリと一緒に植えたタバスコは、酷暑を超えたら、大分成長する様になりました。この調子なら、花も咲いて実もなると思いますが、これから秋に向かうので、そのスピードが勝負になります。赤くならないうちに収穫することになりそうですが、赤くなくても立派に辛さはあるので、これも楽しみになってきました。


ジョロキアは相変わらず花は咲くけど、実がなりません。
原因が判りませんが、一緒に植えたペッパーミントが邪魔しているかと思って、ペッパーミントを思い切り切り取りました。酷暑も超えたので、遅まきながら、これから実がつくこと期待します。




9月7日 赤いタバスコ増える


1号鉢 先に実になった方からだんだん赤くなって、赤いタバスコが増えています。天気が不順で、写真を撮った今日も雨です。秋雨前線のせいと予報は言ってますが、気象にあまり恵まれていなくても、育つので助かります。


2号鉢 同じように赤いタバスコが増えています。この10日程水を上げなくとも、雨が降って水分は12分です。 固形肥料を上げました。


もう陽は強くないのでハバネロの遮光ネットを外しました。 ハバネロは少し元気を取り戻して、葉も多くなって、花も咲き始めています。 秋の収穫を期待できそうです。

左側は、ハラペーニョで、こっちはあまり元気なく、新しい花も咲かず、実もなりません。 おいしくないので、取らずにいた実が赤くなりました。このハラペーニョは、サントリーで品種改良して、辛さ控えめ、実だくさんの宣伝文句ですが、ピーマンを少し辛くした程度で辛くないし、実ももう成らないし、ウソの宣伝に乗ってしまって、失敗です。
そういえば、去年はサントリーのトマトを、大きくて美味しいトマトの宣伝に乗って、買って育てたら、2~3個しか取れず美味しくなかったのを思い出しました。宣伝で売るサントリーは避けた方がよさそう。
余り人間が勝手に改良するのは、考え物です。




9月14日 かなり赤くなる。


1号鉢は、かなり赤くなりました。もうそろそろ収穫できる時期ですが、天気がはっきりしないので、晴れが続く日にしようと思います。


2号鉢も大分赤くなりました。 2本のうち1本はこの通り赤いのが多いですが、2本目は緑の方が多いです。
後ほかにもあるのですが、育ちが遅くてまだ花が咲いて実がなりつつある状況で、赤い実になるか分かりませんが、緑でも結構辛いので緑のソースを作る予定です。


ハバネロは、2回目の実がなり始めました。 酷暑後、温度が下がって順調に成長していたハバネロは、実をつけ始めて、これから赤くなると思います。一度は枯れそうになっただけにうれしいです。





9月19日 最初に赤くなったのを収穫、すぐビン詰


1号鉢、今日は久しぶりに晴れたので、最初に赤くなったのを収穫しました。 収穫後もあまり減ったようには見えませんが、約100個程採りました。 まだまだ取れるのはあるのですが、種にしたいのと、割と1つづつ採る作業は楽じゃないので、少しずつ採って行きます。
2号鉢は次回に収穫します。


きれいなのでニコンで撮った画像



収穫したタバスコの山 今年は結構大きめです。


早速、お酢付けにしました。 タバスコの口を切って、お酢を入れたビンに入れるだけのことですが、タバスコは他の激辛にない辛さの中にまろやかさがあって、一番好きな種類ですから、美味しいお酢のソースができます。



9月20日ハバネロ、又実大きくなる



気候が良くなって、ハバネロは又花をたくさんつけました。(27.9.7撮影)


9月20日には、たくさんの実がかなり大きくなりました。後は赤くなるのを待つばかりです。葉が又大分落ちてしまいました。何故だか分からないので、気になります。


全体としては、元気に見えるのですが。
おかしくなる前に、赤くなって欲しいです。 なにしろ今年は、余りガーデニングを楽しめなかったので、1つか2つは上手く行って欲しい。




10月5日 タバスコ他収穫



2号鉢 収穫後なので、余り実はありませんが、それでもまだ半分以残っています。1つずつ赤くなるので、全部が赤くなる時はないので、収穫するごとに、みすぼらしくなっていきます。実は立派になって、130個程収穫しました。


1号鉢 まだ上の方は赤くない実が多く、こちらは7割程度残ってる感じです。
10月になって涼しくなりましたが、乾きがいいので、1日おきに水を上げています。


収穫したタバスコです。いちいち切り取るのは、面倒なので、最近は実を引っ張れば抜ける熟した実をとるだけにしたので、ハサミも不要で手っ取り早く収穫できます。


ハバネロの実もっ少しずつ赤くなったので、赤い実から収穫しています。
全体に葉も少なくなって、初夏と比べると、ても貧祖になりました。
もう勢いがなくなって、風などで緑のうちに落ちる実もあるので、早めに収穫しています。


10月8日に収穫した実です。真ん中は、タバスコ、下がハラペーニョ、上がハバネロ、左に唯一実ったジョロキアです。ジョロキアは赤くなるのですが、青いうちに落ちてしまいました。ジョロキアは花が落ちて一向に実がならなかったのですが、影に隠れて数個の小さな実がついているのをこの前発見したところです。赤くなるのを待っていたら、青いうちに1つは落ちてしまいました。
もう10月になって、苗もそろそろ終わりに時期が近いようです。




10月15日 ぼちぼち2日おきに収穫、日記はお終い


1号鉢のタバスコの上の方も赤くなってきたので、ぼちぼち収穫します。


夏ごろは小さな3本の苗だったのが、育って今は花が咲いて実がなっているのもあります。寒さとの競争でどこまで、成長するか見守っています。


今回収穫したもの;上は唐辛子、左右はハラペーニョ、中がタバスコ、下がハバネロ



ハバネロは、もう葉が成長しないので貧祖なかっこになってしまいました。実も赤くなりますが、小さかったり、虫がついたりで、夏の元気はありません。

後は赤くなったタバスコを2,3日おきに採るだけで、日記に書くほどの変化はありません。
すっかり色も落ちて、葉も落ちて、ひと頃の燃える勢いはなくなって、秋の風情です。
元気のない画像をつけても面白くもないので、これで日記はお終いにします。
最後に今年、今までに収穫したタバスコとハバネロの保存ビンの画像です。


左はハバネロの酢漬けのビン、隣の3つはタバスコの酢漬けのビン

追加

収穫できる量も減ってきました。 来年用のタバスコの種と、17日に、収穫した激辛の実と酢漬けのビン

お終い



資料情報・お問い合わせについて

弊社が撮影した画像を中心に下記の資料を編集の上掲載しています。
 その他資料:グーグル、ヤフー、他検索サイト

ご不明な点がありましたら、お気軽にご連絡下さい。
メールでのお問い合わせ