激辛の苗を種から育てる日記2015年度版

           

     
 mixiチェック

一番手頃な辛さでお奨めの苗ですけど、タバスコ苗を販売するお店が少なくて入手し難いので、タバスコとハバネロを選んで、育成日記を作ります。自家採取の種で育てる日記です。


閲覧者へプレゼントのお知らせ

ご希望の方に種を無料でお分けします。 どうぞお気軽にご連絡下さい。
激辛のソース(各種)を販売しています。有料ですがどうぞご利用下さい。
お申込み     激辛ソース販売



平成27年6月5日少し大きくなりました。


少し育って大きくなった感じですが、まだ他の苗と比べて小さいです。(1号鉢)


こちらの方が育ちがいいようで、大きくなったのが判ります。(2号鉢)



平成27年6月12日やっと一人並みの苗のサイズになりました。



1号鉢:梅雨入りしたので、成長は遅くなると思いましたが、屋上は意外と暑く、順調に育ってなんとか、お店で売っている苗のサイズになりました。買う苗と略1ケ月遅れという感じです。


2号鉢:こちらの方が、よく育ちます。雑草もすぐに生えてくるので、2,3日手を抜くとご覧の様に雑草が生えてきます。後はきちんと肥料と水をあげれば順調に花が咲き実をつけると思います。
一安心。



6月17日 小鉢の苗を追加して移植



1号鉢:かなりしっかりした苗に育ちました。 小鉢で育てていた小さなタバスコを、この大きな鉢へ移植しました。


2号鉢:小鉢の苗と比べると、前に移植した苗の方がずっと大きいのが判ります。やはり屋上は日当たりも良く、温度も高いからでしょう。置き場所を転々としましたが、屋上で転々としただけなので、左程悪い影響はなくてよかった。





6月21日ようやく安心できるサイズに育ちました。


1号鉢:大きな鉢には結局4本植わってます。最初に移植したタバスコは、葉も茂り、茎も太くなってようやく安心できるサイズの苗に育ちました。 油カス(小粒)の肥料をあげました。


2号鉢:こちらの鉢は計3本植わってます。茎も葉もしっかり育ってもう枯れる心配はなくなりました。 まだ小鉢の苗はあるので、他の大きな鉢で余っているスペースに植えていく予定です。
屋上の工事も一段落して、ようやくもとに場所に戻れそうです。



他の苗:ハラペーニョとレモン



ハラペーニョはもう実が収穫できるほど大きくなりました。


今年のレモンは実が落ちず順調に大きく育ってます。夏花が咲き始めました。



6月25日 すっかり一人前、花の咲くのを待つ


1号鉢:タバスコの苗はすっかり一人前の苗に育ち、花が咲くのを待つ体制に入りました。
葉の艶もよく虫もついていないので、順調に育ちそうです。


苗のハバネロは1本除き順調に育ってます。



苗から育てたハバネロはもう実をつけ始めました。

1本のハバネロは、ポロポロ葉が落ちて、育ちが止まっています。

何かの病気と思うのですが、いい手当方法を知らないので、病気に見える部分を切って、丸坊主にしましたが、これで育つかどうかわかりません。(支柱の脇にあるのがハバネロ、右にタバスコ)茎から小さな芽が出てきましたが、前はこれも感染していて、葉が落ちたので今回はうまく行くか判りません。 空いたスペースにタバスコの苗を植えましたが、葉が虫に食われてしまいました。虫防止にパセリを一緒に植えたのですが、期待いているほど効果が無いようです。


育ちの良いハバネロは大きな実をつけています。まだ赤く色づかないので収穫しません。



6月27日 ハラペーニョの収穫を始める。タバスコは順調。



ハラペーニョはどんどん大きくなってきたので、大きいのから収穫を始めます。


ハラペーニョの今年最初の収穫です。 実が多くついているのでこれからの収穫が楽しみです。



ジョロキアも大きく育って、花がボチボチ咲き始めました。



6月27日 タバスコは順調に成長



1号鉢:タバスコは順調に成長しています。


2号鉢:こちらの鉢のタバスコも順調に成長しています。葉が1枚落ちていたので、虫か何か付いていそうなので要注意です。1つの枝の頭が下がっているのも気になります。



7月1日 タバスコに花の蕾ができました。


1号鉢:蕾が2~3個できました。タバスコ特有の上を向いた蕾です。(上部に3つ見えます)これからどんどん蕾を付けて花を咲かせて、実をつけて行ってほしいです。
タバスコは、一番使い勝手の良い辛さと風合いなので、しっかり育てて、たくさん収穫したいです。



レモンの実も随分大きくなりました。直径2~3cm程の大きさです。夏の花も咲いて、これも、実になりそうですが、実の数が多すぎるので、既に実のある枝になる花は、殆どは切り落としています。自然に落ちる実も多少あります。多分実が多すぎて養分が行かないから落ちるのでしょう。 あまり実の数を多くしないで、少な目の数で大きなレモンを育てようと思っているので、もう少し様子を見て、育ちの悪い実は落して行こうと考えています。 





7月7日蕾が増える。



1号鉢;蕾がを少しずつ多くなってきました。(写真では少々判別し難いですが) でもまだどんどん蕾が出るところまで行ってません。太陽の陽が不足なのでしょう。このところ雨か曇りで、太陽にお目にかかってません。ヨーロッパは、今酷暑というから、梅雨があければ、急に暑くて困るということになりかも知れません。


2号鉢;前から気になっていた苗の先が、頭が垂れるのが2本あります。
1本は順調で花芽が出ています。 曲がるのは何が原因かネットで検索してみます。


ハバネロは1本除き、順調に実が大きくなり、花も順次咲いています。(白い花がところどころに見えます。)


葉がどんどん落ちるハバネロと同じ鉢に植えたタバスコは、葉に斑点がでた葉を取ったので、丸坊主になりましたが、それからあまり育ってません。(左はイタリアンパセリ、支柱そばにハバネロ、手前にタバスコ3本)これは諦めるしかないかも。それでも対策をネットで検索してみましょう。


レモンの大きいのはゴルフボールサイズになりました。夏花の実はその右にある通り、ようやく実になった程度で、大小様々の実がつきました。 それでも中程度の実が、1日1~2個落ちるので気になります。



7月14日 花があまり咲かない。葉が落ちる。



1号鉢は全体に大きく成長したけど、花があまり咲かないし、葉が何枚か1日に落ちるのが心配。 全体に元気はいいから大丈夫と思うけど、他の鉢は問題を抱えてるのでこの鉢が頼り。



2号鉢 葉が良く落ちて中々上に伸びない。 元気の出る万田酵素の液をかけて少し元気良くなったようだが、まだ葉が落ちるので心配。あっという間にこんな貧疎な苗に変わってしまって、今までにないことで、どうしたら良いのか困ってます。


ハバネロの実も赤くなるのも出てきたけど、青い実のまま落ちる実や葉があって、問題を抱えてます。これにも万田酵素液をかけたけど、解決にはならないので困ってます。
何か屋上の鉢の過半数が、葉の落ちる病気にかかってしまっているのじゃないかと、思うけど、未経験のことで、対策がありません。更に広がらない様に、落ちた葉をすぐ取り除き、葉が落ちる鉢にふれた手は一度洗ってから、元気な鉢に行くようにしてますが、効果は無いようで、困ってます。
閲覧者で心当たりのある方は是非、対処方法を教えてください。



7月17日 台風11号の中の晴れ間、葉はまだ落ちる


1号鉢 やっと1日に葉が1~2枚落ちる程度に収まってきました。万田酵素液と雨の天気のせいかもしれない。


2号鉢 まだ葉は落ちるけど、落ちる枚数が減って、落ちた後の幹から葉が出始めた。
水や肥料はきちんとしてるから、多分土の温度が高すぎるのかもしれないと思いついた。


ハバネロ(支柱そば)は、葉が出てきて、周りのタバスコは、小さいながらも葉に元気が戻ってきた。 万田酵素の効果と、雨で暑すぎる状態から抜けたことが、いいのかもしれない。
テレビで「9mの高さにひまわり」を育てる様子を見たら、地温が上がり過ぎない様に、根本に日よけのカバーを敷いていたのがヒントとなった。この鉢は、背の高い苗が無いので、モロに太陽が当たり、地温が高すぎるのかもしれないし、表面の水が乾いて小さな苗は水不足になるのかもしれない。 早速、ワラか反射シートのカバーをしてみよう。



ハラぺニアに実が少しずつ赤くなってるけど、葉がすっかり落ちてしまって、情けない姿になってしまった。 ここにも日よけシートを敷いてみよう。


こちらのハバネロは、葉の落ちる枚数が少ないので、しっかり茂り地温が左程上がらないから、葉が落ちて地温が上がり、又葉が落ちるという悪循環はしていないようだ。
これを参考にしていこう。




7月19日 鉢アルミシートを敷く



1号鉢;気温が高くて地温が上がり過ぎない様に、アルミシートを敷くことにしました。効果の程はこれからですが、葉が落ちるのは少なくなると思います。
花もボチボチ出来てきてます。もう梅雨明けでしょうから、このアルミシートが効果を上げてくれることを、期待してます。


2号鉢;これもアルミシートを敷きました。落ちた葉の後から、小さな葉がでてくるので、温度が高すぎなかければ、回復しそうです。大分遠回りしたけど、主原因は気温が高くて、地温が許容範囲よりも上がってしまったことのようです。この鉢は、今年変えた、近所の花やさんの培養土で、茶色の粒状で、水はけがとてもいいので、すぐ乾くから地温が上がったものと思います。直ぐ乾くので根腐れしなくていいと思ってたら、逆効果もあるんだ。ちょっと気が付くのが遅かった。


1番問題の鉢にもアルミシートを敷きました。 育ちは悪かったけど、台風の余波で気温が下がり、生気を取り戻したようで、葉が元気になりました。この鉢は粒状の培養土なので、地温が他より上がって問題が生じた様です。いつも元気なパセリも一時しんなりしたときがあって、おかしいなと思った時があったけど、きっと地温が高かったのだろうと思い当たります。
最初は何か病気風だったけど、それは治った様なので、まず暑さ対策をしっかりやっていこうと思います。


レモンは順調で新しい葉の芽が出てきてます。葉が茂っていて、培養土も粒状でないので、地温の問題はクリアしているのでしょう。 こう安定して育つのがあると気分が落ち着きます。去年は不作だっただけにうれしいです。


ハベネロの実が赤くなったので収穫しました。 トマトとハラペーニョも一緒です。




資料情報・お問い合わせについて

弊社が撮影した画像を中心に下記の資料を編集の上掲載しています。
 その他資料:グーグル、ヤフー、他検索サイト

ご不明な点がありましたら、お気軽にご連絡下さい。
メールでのお問い合わせ